ヴュルツブルクでの出来事:気がつけば九鉄フェチThe Next:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
485_0818_3.jpg

ヴュルツブルクでの出来事 [旅行]

何やら韓国ドラマの題名のようなタイトルですが、アクシデントとかハプニングなどという言葉を使わない方がよさそうなので”出来事”といたしました。

アルテ・マイン橋まで戻ってまいりました。
ここで12聖人の写真と橋の全景を撮って早めにホテルに戻ろうとしていたら・・・
1G7A7950_R.JPG


「こんにちは~」と日本語が聞こえてきました。
体調も悪かったのでとうとう幻聴まで聞こえてくるのかと。
振り返えっても、そこには日本語を話すような人が見当たりません。
やはり、幻聴だ。
と、思っていると目の前のドイツ人女性が声をかけてくるではありませんか。
で、アルテ・マイン橋で立ち話。
なんでも、日本の某県の国立大学で物理学の教授をされていたとのこと。
数年前にお父上が急逝され、家業を継ぐためにヴュルツブルクに戻られたとか。
さらに剣道の有段者だそうで、ちょうど剣道の練習に向かうために橋を渡っていたとの事。
(こう見えても私も剣道の有段者です)
何分話したでしょうか。アルテ・マイン橋からホテルまで10分もかからない距離なので、とっくにホテルのベッドでゴロリンチョのはずが、痛い腰をさすりながら立ち話。
話の流れで(?)観光案内に載っていないヴュルツブルクの見どころを案内していただけると。
元気であれば心から感謝させていただくところですが、ズッポシ腰が痛うございます。
でも、この状況で”腰が痛いからまた今度”なんてことを言える訳もなく感謝の気持ち満載で案内していただくことになりました。
前置きが長くてすみません。

ここはどこだったか・・・市役所庁舎か。
痛みで忘れてしまいました。
1G7A7956_R.JPG

この後、市役所で第二次世界大戦で廃墟のようになってしまったヴュルツブルク市内のジオラマなどを案内いただきました。
他にもいろいろとご説明を頂いたのですが、歩く速度がでんでん虫なので遅れ気味でついていったため、ほとんど聞くことができませんでした。

ここは聖母マリア礼拝堂。
マルクト広場というところにあります。
主任司祭がいないので教会(Church)ではなく礼拝堂(Chapel)だそうです。
残念ながら閉館後だったため、中へは入れませんでした。
1G7A7958_R.JPG

お店にかかるオブジェも素敵です。
1G7A7959_R.JPG

もう一つおまけにお店の看板を。
1G7A7965_R.JPG


あれ?また先程の礼拝堂です。
ドアの両側の彫刻は”アダムとイブ”だそうです。
ただし、これはレプリカで本物は博物館に展示されているようです。
このあたりになると意識も薄れて、どこを歩いているのかわからなくなって・・・
くるわけもないのですが、辛うございます。
1G7A7967_R.JPG


礼拝堂前のマルクト広場に立つなんかしらのオブジェ。
もう、ここまで来ると腰から下が他人です。
1G7A7969_R.JPG


世界一長い建物とか。
今は病院のようです。
んっ?病院?それでは私はここでドロンして・・・
多分、外来は時間外かと。救急で行っても恥をかくだけだし・・・
1G7A7973_R.JPG

これがヴュルツブルクで一番古いお店だそうです。
1G7A7974_R.JPG

ほ~ら、書いてあるでしょ。ドイツ語なので”わからんがな”
1G7A7976_R.JPG

こんな細い道までも案内していただきました。ありがたいことでございます。
観光ガイドはこんなところまで案内してくれません。
1G7A7980_R.JPG

この後、川沿いのオープンカフェでチェリージュースを飲みながらいろいろとお話をさせていただきました。
そして、予定より5時間程ディレーののちホテルへ帰るのでありました。
1G7A7999_R.JPG

こちらは、帰国後に彼女に送っていただいたアルテ・マイン橋のペン画です。
Wuerzburg Old Main-Bridge by ELI 72dpi_R.jpg

帰りもホテルの前まで(自宅は正反対の方向なのに)送ってくださり”具合が悪い”なんて口が裂けても言ってはいけません。
しかも、彼女は剣道の練習に向かう途中でした。
楽しみにしていた剣道をスルーして案内してくださいました。
うれしいことでございます。心から感謝をしなければいけません。
ちなみに、カフェで頂いたチェリージュースが美味し過ぎてドイツでお気に入りだったペットボトル入りのチェリージュースが美味しく感じなくなってしまったのはナイショの方向で。
ちなみに・・・Part.2
この日はサッカーEURO2016のドイツvs北アイルランド戦を楽しみにしておりました。
これもあって、早めにホテルへ帰ろうとしていたわけでございます。
市内を案内していただいている中、ホーンを盛大に鳴らし、箱乗り状態でドイツ国旗を振りまくっている若者を数多く目撃。
”あ~、ドイツが勝ったんだぁ~”と一人寂しく試合も見ずに結果を知るという悲しい状況に陥るのでございました。
まっ、ドイツにいるからというだけのにわかファンなのですけど。

以上、嬉しいサプライズに出会った~、というお話でした。
引っ張るほどの内容でなくてミアネヨ~。
nice!(94)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 94

コメント 30

song4u

ひゃー、凄い!!
大したことないなんてお話だったから、そうなのかなあ?
などと思っておりましたが、出色の“サプライズ”と申せば良いのか、
ずっと記憶に残り続ける旅の想い出と申せば良いのか。
名(記憶)だけでなく、ちゃっかり実(ペン画)までゲットされてるし!(^^)!
羨ましいったらありゃしませんぜ♪
by song4u (2016-09-06 20:47) 

まるたろう

まさに、素晴らしい"サプライズ"の話でしたね。
興味深く拝読致しました。
本当に、素晴らしい街並みだなと思います。
by まるたろう (2016-09-06 21:40) 

schnitzer

song4uさん、コメントをありがとうございました。
確かに今回最高の旅の思い出になったかもしれません。
日本の友人とはメールなどでやり取りをされているようですが、日本語で話したかったので声をかけてくれたとのことでした。
腰さえ快調であればよかったのですが・・・
by schnitzer (2016-09-06 22:53) 

schnitzer

まるたろうさん、コメントをありがとうございました。
街並みも住人も素敵でした。
橋の写真が撮れなかったことだけが唯一の心残りでした(笑)
by schnitzer (2016-09-06 22:54) 

よしあき・ギャラリー

どれもが素晴らしい景色です。
目の当たりにすれば人生観が変わりそうです。
最も余生は少ないですが・・・ ^^;
by よしあき・ギャラリー (2016-09-07 06:03) 

mimimomo

おはようございます^^
一枚目のお写真のところ、わたくしも写していますよ^^
腰さえ痛くなければ、最高の出会いでしたのにね~
by mimimomo (2016-09-07 06:25) 

FTドルフィン

ん〜、いい話だなぁ
その方は、日本を好きになった方なんでしょうね
剣道もされてて、日本語もお好きで
そして母国に戻って暮らしている中
思いがけない日本人のschnitzerとの出会い
それも剣道の達人同士!
schnitzerさんは話し方が素敵だから
きっとその方も久しぶりに日本語の会話が
弾んだのではないでしょうか!

ところで、ペン画ですがその方が描いたものですか?

ドイツも大戦で街をたくさん焼かれ
どの都市の旧市街も復元されているのが多いんですよね

いやぁ〜、街も人も素敵な出会いでしたね!
ん〜、チェリージュース飲んでみたい!!www

by FTドルフィン (2016-09-07 06:30) 

FTドルフィン

追伸
カシオペアですが
定期運用がなくなってから
特別企画列車が盛んに運用されてます
“カシオペアクルーズ” “カシオペア紀行”
でググってみてください。

by FTドルフィン (2016-09-07 06:33) 

yas

サッカーの結果って知ってしまえば、かなりガッカリですよね^^;
でも、勝ったらお祭りになるってところがサッカー人気を物語ってますね。
by yas (2016-09-07 17:52) 

schnitzer

よしあきさん、コメントをありがとうございました。
似たような場所を回っておりますが、ヨーロッパの街並みは素敵ですね。
余生の少なさでは私が勝ってしまいそうです(涙)
少ない中でもう一度ドイツに行ってみたいです。
by schnitzer (2016-09-07 20:18) 

schnitzer

mimimomoさん、コメントをありがとうございました。
有名な橋から有名な建物を望むこのアングルは定番のようですね。
ここでもう少し写真を撮りたかったのですが・・・
最高の出会いをふいにしてしまいそうな腰痛が恨めしかったです。
by schnitzer (2016-09-07 20:19) 

schnitzer

FTドルフィンさん、コメントをありがとうございました。
FTドルフィンさんとは何度もお会いしているのに”話し方が素敵”だなんて・・・
顔があかおびくんになってしまいましよ(笑)
ペン画は彼女が描かれたものなんです。
チェリージュース、絶品でした(笑)
カシオペアの件、ありがとうございました。
使いづらそうな車両を苦労して活用しているのですね。
九州のななつ星が絶好調なので中古車でぼろ儲けを目論んでいるのでしょうか。
JR東にも何本かスペシャルトレインが登場しているようですね。
鉄道情報をちゃんとゲットしないといけませんね。
by schnitzer (2016-09-07 20:20) 

yogawa隼

外国語(日本語)と物理学と剣道に秀でたドイツ人女性・・・。
かなりレベルが高いと思います。
by yogawa隼 (2016-09-07 20:21) 

schnitzer

yasさん、コメントをありがとうございました。
サッカーは日本とは比べものにならないくらいの人気です。
ブンデスリーガが地域密着で浸透しているのを見てもわかりますね。
by schnitzer (2016-09-07 20:21) 

ゆるキャラ

ドイツ人女性から旅先で声をかけられるなんていいなあ(^○^)
メチャメチャ羨ましいぞー(笑)
そうそう実は私も剣道やっておりました(^^;
しかし中学までなのでたいした腕前ではないのですが・・・。
私がもしドイツに行くことがあったら観光地で小声で
コテ、メンとが呟いてみよう!声をかけられるどころか
怪しさオーラで通報され警官から声をかけられそう(笑)
by ゆるキャラ (2016-09-07 20:55) 

schnitzer

yogawa隼さん、コメントをありがとうございました。
とてつもなく高いレベルかと思います。
私のような凡人ではとても、とても…
by schnitzer (2016-09-07 21:51) 

schnitzer

ゆるキャラさん、コメントをありがとうございました。
ゆるキャラさんも剣道をされていたのですね。
私も小学校と高校だけなので腕前の方は今一つです(笑)
実は、チェリージュースのカフェで話の流れから彼女が竹刀を出して剣道の型を披露してくれました。
私も負けじとと思ったのですが、竹刀を持った瞬間に”ギブアップ”でした。
竹刀ってこんなに重たかったの~と。その重さにビックリ仰天!
満身創痍の体では・・・
というのは言い訳で、元気でもヘナチョコになりそうでした。
コテ、メン作戦はヴュルツブルク限定でお使いください。
それ以外の地域では別の必殺技を考えないといけません(笑)
by schnitzer (2016-09-07 21:54) 

しおつ

自分はわずかばかりの海外旅行で声をかけられたのは、
中国の方ですか?とシャッター押してもらえますか?
だったかなあ。
日本語ではなかったのですが、どうにかわかりました。
by しおつ (2016-09-07 22:59) 

schnitzer

しおつさん、コメントをありがとうございました。
日本語も覚束無い私は日本語以外の言語で話しかけられてもチンプンカンプンです。
ドイツの方は複数の言語を話せる方が多いようです。
陸続きで言語の違う国が隣り合っているので、そのようなことが必要になるのでしょうか。
島国に生まれてよかったです。
by schnitzer (2016-09-08 19:58) 

bpd1teikichi_satoh

こんばんは!聖母マリア礼拝堂の赤い色、思い出します!
門の両側のアダムとイブの彫刻も思い出しました。
by bpd1teikichi_satoh (2016-09-08 20:52) 

schnitzer

bpd1teikichi_satohさん、コメントをありがとうございました。
私の写真で思い出していただいて嬉しいです!
聖母マリア礼拝堂は中も素敵なようですね。
時間外だったのが残念です。
by schnitzer (2016-09-08 22:37) 

アヨアン・イゴカー

相変わらず、文章がとっても面白くって、読んじゃいました。
こちらの腰まで痛々しいほど、嬉しい感動的なお話でした。
予定がすっかり狂ってしまいましたが、とっても素晴らしい、得がたい時間を過ごされたのですね。
腰は、大丈夫でしょうか?
by アヨアン・イゴカー (2016-09-08 23:12) 

schnitzer

アヨアン・イゴカーさん、コメントをありがとうございました。
腰痛がブログ感染してしまいましたことをお詫びいたします(汗)
地元の方とお知り合いになれることは滅多にないと思います。
他の場所でもオーストラリアから来られた方、日本の方ともお話しできたり、この後訪れるレース場でもいろいろな出会いができたことは素晴らしい思い出になりました。
素敵な思い出ができたのと同時に腰痛も無事(?)日本まで持ち帰ることができ、ただいま通院中でございます(笑)
お気遣いをありがとうございます!
by schnitzer (2016-09-09 00:53) 

あおたけ

腰の具合は、ハプニングやアクシデントって
言葉が合いそうですが、
出会いや案内のほうは嬉しいサプライズって、
感じですね〜(^^)
自分の都合を後に回してまで、
観光の案内をしてくださるなんて、
なんて親切な女性なのでしょう!
よほど日本や日本人を好意的に思っていらっしゃるのか、
schnitzerさんがステキだったから…かな?(笑)
絵が送られてきたということは、
連絡先を交換して、帰国後も交流があるのですね(^^)

でも…腰の方は大丈夫でしょうか???
by あおたけ (2016-09-09 08:55) 

めぎ

まあ、素敵な出来事♪
腰の具合が残念でしたけど、それはまたとない思い出ですね~
いつか、その女性の方、日本に訪ねていらしたりして♪
by めぎ (2016-09-09 17:45) 

めぎ

あ、そうそう、Nikon1ですが、schnitzerさんもお持ちなのですね!
私はいつも通勤や買い物に持ち歩いていて、旅先では夕食のレストランなど、大きなカメラを持ち込むのが邪魔&面倒なところで使ってます。
by めぎ (2016-09-09 18:13) 

schnitzer

あおたけさん、コメントをありがとうございました。
素敵な方に出会えて今回の旅行で一番の思い出になりました。
私が素敵ですって?そうなんです。おっしゃる通りです。
と言いたいところですが、ご期待に沿えない回答になってしまいます(涙)
"新手のゆるキャラ"とでも思ったのでしょうか。
お腹もポッコリしているし・・・
腰の方も順調に痛みをキープしております。しばらくは整骨院でモミモミしていただくことになりそうです。
by schnitzer (2016-09-09 22:19) 

schnitzer

めぎさん、コメントをありがとうございました。
今回の旅行で声をかけてくるほとんどの方は”お金くれ~”ばかりだったもので、このような経験ができるとは思ってもいませんでした。
彼女が日本に来られた時のために、名所を調べておかないといけませんね(笑)
Nikon1ですが、今回は軽いボディがいろいろな場面で重宝いたしました。
4本のレンズとカメラ本体は腰にくるのでNikon1だけ持って出かけたこともありました。
古い割には使い慣れていないので高速で動く被写体を追うのにまだ苦労してます。
小さいカメラも大きいカメラも難しいです。
by schnitzer (2016-09-09 22:22) 

さといも野郎

素敵な出会いじゃないですかぁ~♪
これまたうらやましい限りです(^^
by さといも野郎 (2016-09-11 15:09) 

schnitzer

さといも野郎さん、コメントをありがとうございました。
滅多に出会えぬ経験でした。
体調さえよかったらと今でも思ってしまいます。
by schnitzer (2016-09-11 21:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。